有限会社トップ工房は宮崎県延岡市を中心にWB工法や免震工法など、常に新しい技術を取り入れ、省エネや長期優良住宅をクリアできる家づくりを行います。

 
 
フォーム
 
見えないことろをしっかりと!
2017-01-30
現在、新築物件を手がけており、最初に敷地境界のブロック塀の工事を行っています。
 
左上の写真は古いブロック塀の写真です。
見ていただくとわかるように、土に埋まっていた部分は特に劣化が激しく、指でも崩れるほどです。見えている穴は指で開けたものです。ビックリしますよね!
 
変わって、右上の写真は新しくついたブロックです。
下の黒くなっている部分(土に埋まる部分)は、モルタル(セメント)を塗って補強しています。
長い間、建物を支える地盤を支える擁壁、敷地境界を守る塀として重要なブロック塀です。
 
「見えないところだけど重要なところ」良く考えてできる限りの処置をしておきましょう。
 
 
まだまだ使える便器を新しくした理由
2017-01-20
TOP工房 菅野でございます。
 
先日、我が家の12年たった便器(写真)を新しく取り替えました。
写真を見てもらうとわかるようにまだまだきれいで使える便器でした。
取り替えた理由はウォシュレットが故障してしまい、修理不能だったことです。
 
私と妻、子供たちはウォシュレットを使用しないので、なんの問題もなかったのですが、「母親」が愛用しており、必需品となっていました。
 
十数万かかりましたが、よかったと思っています。
我慢してもらったり、より安いものを探したり、色々考えましたが、「時間はお金では買えない」という判断で「今やるべきだ」と決めました。
 
「贅沢だなぁ」と感じたでしょうが、贅沢嫌いの母が再々言う「トイレ直らんかなぁ」という話を聞き、母の日々の生活には欠かせないものだと判断し思い切ってかえました。
 
我が家を建築した時は、金利が2.8%と今と比べると非常に高かったです。おそらく今建てるよりも数百万余分にローンを返すことになるでしょう。
しかし、その時建てたことで、10年前に亡くなった「父親」も2年間新しい家で快適に過ごすことができました。喜ぶ顔が見れました。
 
家づくりも大金が動き、慎重にやるべきですが、「大切な時間」は大金をいくら積み上げても買えません。
 
「今やるべき意味」や「価値」をよく考えて”決断”していきたいものです。
 
新年あけましておめでとうございます。
2017-01-05
TOP工房 菅野でございます。
 
1月1日 初日の出を拝みに「行縢山」に登りました。
 
4年生の息子と二人で朝五時にのぼりはじめ、7時過ぎにお目見えした「初日の出」に間に合いました!
天気もよく、すごくいい日の出を拝むことができ、今年もいい年になりそうです。
私は今年一年の家内安全を願いましたが、息子は「ばあちゃんの足がなおりますように!」と拝んだようでした。きっと母の足もよくなるでしょう!
 
家づくりの計画を進めるときに、お互いの毎日の生活を思い出し、自分以外の家族の便利さや快適性を思いやり考えると「いい家づくり」ができるかもしれませんね。
 
 
 
サンタさんへの手紙
2016-12-19
こんにちは TOP工房菅野です
もうすぐクリスマスということで、子供たちにサンタさんへ「欲しいもの」と「その理由」を手紙にして書くようにいったところ、写真の様な手紙を書いていました。
手紙を見ると「欲しいもの」と「その理由」から、子供たちの思いが伝わってきました。
長男(小4)はゲームソフト、長女(小1)は人形のようです。
しっかりサンタさんに届けて、クリスマスを待ちたいと思います。
 
家づくりを考えるとき、色々な夢や要望があると思いますが、「要望」と「その理由」を書き出してみると意外な発見があるかもしれません。
 
登り切った初登山!
2016-12-12
TOP工房の菅野です。
11月6日 4年生になる息子と丹助岳登山に行ってきました。
 
天気も良く、360度パノラマの景色は最高でした。
山頂で自分で運んだ水を沸かして、カップラーメンを食べました。妻のおにぎりも最高にうまい!(家で食べてもおいしいおにぎりですよ!)
 
初めての登山だった息子も、体一つで登りきり、日頃当たり前のように作ってもらう食事や水の大切さも改めて実感してくれたのではないかと思います。私も改めて、「当たり前の生活の有難さ」を思い直した一日でした。
 
家づくりも「当たり前のような部分だけど肝心なところ(性能的な部分)」 を見失わないように考えていきたいものですね!
 
<<有限会社トップ工房>> 〒882-0863 宮崎県延岡市緑ケ丘4丁目22番21号 TEL:0982-35-5900 FAX:0982-35-5903